ザガーロによるAGA治療|自身にあった育毛剤やサプリを選ぶ

男女

プロペシアの投薬治療

髪と櫛

30代以降の男性の多くはAGAを発症しやすいと言われています。このAGAというのは男性型脱毛症と呼ばれるもので、抜け毛や薄毛といった症状がみられます。東京にお住まいの方でも、そういった症状で悩んでいる方は多くいるかと思います。近年では10代からその兆候がでてくる人もいるようで、若い人もAGAを軽視することができなくなりました。このAGAは病院での投薬治療が可能なので、兆候が見られた際には早めに病院を受診しましょう。
東京にもAGAを投薬治療することのできる病院は数多くあり、気軽に受診することが可能です。東京でAGAを投薬治療する際にはプロペシアもしくはザガーロと呼ばれるAGA治療薬のどちらかを処方してもらうことが可能です。ここではプロペシアについて知っていきましょう。プロペシアというAGA治療薬は米国のメルク社が開発した薬品で、フィナステリドと呼ばれる有効成分を主成分としています。このフィナステリドは5α-還元酵素阻害薬に分類される成分で、AGAの原因となるジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの産生を阻害することが可能です。この男性ホルモンを阻害することによって髪の毛の寿命が伸び、太く元気な状態になります。また、髪の毛の元となる毛母細胞も活性化されるため、新しい髪の毛も多く生えてくるのです。その効果が得られるのは投薬開始から6ヶ月以降といわれており、長期の服用継続が必要となります。また、東京でAGA治療の受診をしてプロペシアの投薬を受ける際には担当する医師に用法・容量及び副作用についての説明をしっかり受けるようにしましょう。